FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2月7日、長野県に対し要望書を提出★ 

カテゴリ:最新ニュース

2月3日の住民集会を経て、
7日に私たちは安曇野市三郷北小倉区区長と環境を守る市民の会名で、
長野県知事に対し要望書と抗議文を提出しました。

以下要求5項目に対し、県の誠実なる回答を望みます。
安曇野市の多くの住民が県の対応を注目しています。




平成25年 2月7日
長野県知事 阿部 守一 殿        

M社の壁に関する要求書と
2月3日の住民説明会延期に対する抗議文

安曇野市三郷北小倉区   区長 松澤 俊文
北小倉の産業廃棄物等処理施設から
安曇野の環境を守る市民の会 会長代行 和田 悦昭

   記

我々は本日下記の要求を行います。
一部に従前と重複する内容もありますが、
法律的根拠を明確にして改めて要求を行うものです。
県当局は今回の要求内容を速やかに実施する事を求めます。

1. 県は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以降廃掃法と省略)14条の三に基づき
即座にM社の業務を停止させるとともに、廃掃法19条の五に基づき「壁の撤去」を命じて下さい。
業者が応じないときは県による撤去も法的に可能であります。(廃掃法19条の八)

人命に危害を及ぼす状態を放置することは許されるものではありません。

2.M社の産業廃棄物処理業の許可を取り消して下さい。
廃掃法14条の3の2第1項六号に基づき、
県知事は昨年下したM社の産業廃棄物処理の更新許可の取消を行ってください。
(不正な手段により受けた更新許可になります)

3.県は、速やかにM社を「刑事告発」して下さい。
今回M社が申請の際に虚偽を行ったことは、廃掃法25条第1項二号に抵触する犯罪です。
公務員の告発義務(刑事訴訟法第239条第2項)に則り
県はM社を刑事告発する義務があります。


4.この問題発生後、まだ一度も知事に直接お願いしたことがありません。
是非知事と会う機会を設定してください。


5.県は「業者との調整」を理由に調査に時間がかかるとしていますが、
「立入調査は事業者に予告してはならない」のが原則であります。
「調整して調査する」などとんでもないことで、即時に調査してください。


要求は以上の5項目です。
2月20日までに文書で回答をお願い致します。

続いて我々の意見を述べます。

今回のM社の行為は明らかに虚偽です。
県が虚偽を認めない場合は、司法の判断を仰ぎます。
仮に補強工事等で補強が行われたとしても
「不正な手段による更新許可の取得」という事実は消えません。

業の許可取り消しが必然という事態なのですから、壁は撤去されねばなりません。

最後に、先日2月3日に開催した住民説明会には、
直前までの我々の要請は無視され、県の出席はありませんでした。
生命の危険を感じ不安に怯える住民に対し、
県の取った態度はまさに県民の信頼を失墜させたこと以外の何物でもありません。

かねてより計画されていた今回の住民説明会に出席を拒否した県に対し、
当日会場に詰めかけた141名の住民の代表として厳重に抗議するものです。

   
以上



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。